加藤眼科医院診療内容

診療内容

眼科一般

目には、たくさんの病気があり、気づかないうちに進行している場合もあります。
加藤眼科医院では、「瞳の健康」を第一に考え、患者様に安心して治療を受けていただけるように心がけています。
目の違和感・異常を感じたら、早めに診療を受けましょう。
目に関するちょっとした気になることでも、気軽にご相談にお越しください。
わかりやすく丁寧にお答えします。

眼精疲労
このような症状・疾患に対応します

アレルギー性結膜炎

結膜炎

疲れ目

糖尿病網膜症

緑内障

硝子体手術(応相談)

加齢黄斑変性症

ドライアイ

ものもらい

視力低下(近視・遠視・乱視・老眼)

飛蚊症

白内障(日帰り手術)

眼底出血

このような手術に対応します

白内障手術(水晶体再建術・眼内レンズ挿入)

硝子体手術(網膜前膜・眼底出血など)

レーザー手術

硝子体内注射(加齢黄斑変性症や眼底出血に対して)

涙点プラグ挿入術(ドライアイに対して)

※事前に詳しくご説明させていただいてからの手術となりますのでご相談下さい。

ドライアイ

ドライアイは、目が乾く以外にも、目のかすみ、痛み、疲れ等の色々な症状を引き起こします。ドライアイは、高齢化、エアコン、パソコンやスマホ、眼科手術、コンタクトレンズ、マスク装用等が原因です。ドライアイ患者様は、年々増加し、その数は2200万人と言われています。当院では、ドライアイ研究会所属の専門医師による目薬や眼軟膏、涙点プラグなどの治療を行っていますので、ご相談ください。

ドライアイ
白内障日帰り手術

白内障日帰り手術

白内障の初期では、まぶしさなどを感じます。進んでくると、見にくくなってきます。

当院では、日帰り手術を実施しています。入院の必要がなく、手術後は自宅でゆっくりとお過ごしいただけます。家事などの軽作業は、ご自身で行えます。

緑内障

緑内障は、簡単に言うと、見える範囲(視野)が狭くなる病気です。

多くの場合、目薬を毎日1回~2回点眼するだけで、悪くなるのを止められます。一度悪くなったら、回復することはない怖い病気です。初期には自覚症状がありません。自分で気づくことの難しい病気なので、ぜひ健診をお勧めします。

緑内障
1586518_m.jpg

糖尿病網膜症

初期には、ほとんど自覚症状はなく、内科医からの眼底検査の依頼により、眼科で発見されることがほとんどです。糖尿病といわれて数年後には、眼底の中心部である黄斑に出血や浮腫が生じたり、網膜症が進行して網膜の大量出血、硝子体出血、あるいは増殖性変化がおこる場合があります。視力低下を感じたら早めの眼科受診をお勧めします。

メガネ処方・コンタクトレンズのご相談

メガネ処方、コンタクトレンズのご相談も承ります。
目が特に悪い方にとって、メガネやコンタクトは必需品です。不適切な度数のメガネやコンタクトは、見え方だけではなく全身の不調にも繋がります。日中着けっぱなしという方も多いアイテムだからこそ、眼科で、きちんと診療を受け適切なものを着けるようにしましょう。

メガネ処方

メガネ処方

当院では、単純に眼の度数を測るだけでなく、視力低下の原因を突き止めます。近視、遠視、乱視、老眼(老視)といった屈折異常によるものなのか、他の目の病気のためなのかを検査・診察した上でメガネを処方し、処方した後のケアにも努めます。

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズのご相談

コンタクトレンズは目に直接つける『高度管理医療機器』です。 眼科による正しい検査で、あなたの眼に適したレンズを見つけることが大切です。
当院では、屈折検査、視力検査、眼圧検査、角膜内皮細胞検査、細隙灯顕微鏡検査など様々な検査を行い、目の状態やコンタクトレンズの経験の有無、生活スタイルなどから、適切なレンズをご提案し、使い方の指導を行います。

​初めての時だけでなく、定期的に眼科に通うことで、目の病気の感染などの防止もできます。

目の病気、メガネ・コンタクトのご相談は​
高松市天神前の加藤眼科医院まで